CD研磨サービス

図書館にできそうなサービス…その2

「その1」はフィルムコートサービス(フィルム販売)でした。その続きは「CD研磨サービス」です。
貸出しているCDを研磨して長く使うために「CD研磨機」がある図書館も多くなってきたかと思います。1回貸出したら傷だらけになって使えなくなった、なんて話もあるぐらいですから。
でも、折角機械があるのなら、CDの研磨を実費でやるサービスを考えてもいいのではないでしょうか。

最近、図書館の事務室を見ると、配布資料や広報の製本をしている向こうで、傷付いたCDを磨き、さらに一方ではギャラリーで使う展示品のキャプチャーや看板の切り文字を作っている、そして調子の悪い機器の蓋を開け半田付けしていたり…到底一般的な図書館とは思えない光景の中で、ふと、こういう技術を売り物にして、図書館の基本的な機能の無料原則を維持するという考えもありかなぁ…なんて思ったもので。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中